Vol.53 / FAQ 「新バージョン2.4へアップデートされる前にシークレットキーを今すぐ確認し、紙に控えておく必要がありますか?」

新バージョン2.4へのアップグレードが近づいているなかで、

このような質問が寄せられました。


「新バージョン2.4へのアップグレード前にシークレットキーを早急に確認し、

紙に控えておくように言われたのですが…

新バージョンではシークレットキーを確認することができなくなるの?」


この質問について運営に確認いたしました。

※昨日の記事

Vol.52『新バージョン2.4の新機能「入送金時のプライベートキー」について』

と内容が重複する箇所があります。

大切な事項ですので前回の記事も合わせてご確認ください。

※内容は要約して記事にしております。

Vol.52 新バージョン2.4の新機能「入送金時のプライベートキー」について

2019.02.21




運営に問い合わせてみた


Q :『新バージョンではシークレットキーが確認できなくなるのでしょうか?』


A:運営からの回答

回答

「新バージョンへアップグレード後もシークレットキーは確認できるので、ユーザーはシークレットキーを慌てて確認する必要はありません」


【注意】シークレットキーの取り扱いについて

※アップデート前に今すぐシークレットキーを確認、控える必要はないとのことですが、シークレットキーは「秘密の鍵」という名の通り、銀行口座のパスワードのようなものです。他人に教えてはいけません。

新バージョンアップグレードなど関係なく、シークレットキーはこれまでと同様にパスワードを忘れた際、大切な資産を預けているアカウントを復元する為の非常に大切なキーですので紙などに控えて大切に保管ください。





「従来のシークレットキー」と新バージョンでの「通貨プライベートキー(シークレットキー)」の違いについて


今日、運営とやり取りしている中でこのような情報がありました。

『プラストークンウォレットのシークレットキーと
新バージョンから提供される通貨プライベートキーは使用目的が異なります。

プラストークンウォレット登録時に生成されるシークレットキーはパスワードの再設定に使用されます。

●新バージョンから提供されるプライベートキー(シークレットキー)
は資産の転入/転出時に使用されます。
通貨に応じてプライベートキーが生成、提供されます。』


まとめ


  • 新バージョンへアップグレード後も従来のシークレットキー機能は継続されるため、ユーザーは慌てて確認、控える必要はない。
  • 従来の「シークレットキー」と新バージョンから使用する「通貨のプライベートキー(シークレットキー)」は全く別であり、
    使用目的も異なる。
  • 従来のシークレットキー:パスワードの再設定時に使用
  • 新バージョンのプライベートキー(シークレッキー):資産の転出/転入時に使用
注意

※ 従来のシークレットキーはアプリの言語設定により表記が異なります。

日本語設定:シークレットキー
英語設定:プライベートキー(private key)

●新バージョンリリース後「プライベートキー」表記はシークレットキーなど別の表現で表記される可能性あり
(やり取りの中で運営が「プライベートキー」と表記したため、今回はそのまま掲載いたします)


Vol.52『新バージョン2.4の新機能「入送金時のプライベートキー」について』

Vol.52 新バージョン2.4の新機能「入送金時のプライベートキー」について

2019.02.21

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019



最新情報の配信・サポートはLINE@から
友だち追加