Vol.48「 PsEX共同創始者Leoがイギリスのチャールズ皇太子と面会 慈善チャリティー晩餐会へ招待される 」


プラストークン財団及びPsEXの共同創始者Leoがイギリスのチャールズ皇太子が率いる慈善財団の晩餐会に招待され、

チャールズ皇太子と面会しブロックチェーンの戦略的な計画について会談したというニュースが

「Business Wire」に掲載されていますのでご紹介いたします。

英語版をPlusTokenWallet.JPが要約したものをここでは掲載いたします。





PsEX共同創始者Leoがイギリスのチャールズ皇太子と面会「未来への投資」慈善チャリティー晩餐会へ招待される


PsEXの共同創設者であるLeoは2019年2月7日韓国・江原道のブロックチェーン平昌フォーラム2019で江原道知事、崔文洵とブロックチェーン産業の今後の発展について話し合った後、 「未来への投資」をテーマにプリンスチャールズ財団が主催するイギリス・ロンドンでのチャリティー晩餐会へチャールズ皇太子に招かれ、参加しました。 

プリンスチャールズ財団は、チャールズ皇太子が率いる慈善団体であり、主要な金融機関から援助を受けることができない組織や企業、個人に対しローンと援助を行い、イギリス全土で失業者の再訓練や就職活動の支援を行っています。

この財団は英国民、世界的に有名な宝石商であるGeorge Pragnell、中国のファーウェイテクノロジーズなど有名企業や著名人から広く認知されている財団です。

Leoはチャールズ皇太子とブロックチェーンが経済社会にどのように貢献するかについて密接な会談を行い、将来イギリスにおけるブロックチェーン関連法案制定についての貴重な意見を述べたほか、晩餐会で惜しみなく寄付を行い多くの称賛を得ました。

翌日Leoは、MANSARDのSellar Development Fund創設者であり、Leon Diamondの最高投資責任者でもあるJames Sellarと面会したほか、イギリスの若き実業家でFuel VenturesのCEOであるMARK PEARSON、Backes & Strauss 会長であるVartkess A. Knadjianとも面会しました。

今回のイギリス訪問でLeoはブロックチェーン開発の戦略的な計画についてプリンスチャールズ財団と様々な著名人らと詳細な議論を行い、イギリスとヨーロッパ諸国に対するブロックチェーン戦略のWin-Winな協力の合意を取り付けました。

PlusTokenWallet.JP翻訳

 
引用
『Business Wire』2019/2/11掲載記事 (英語版)
「PSEX’s Co-founder Leo met Prince Charles in UK and was invited to attend the “Investment for the Future” Charity Dinner”」
https://www.businesswire.com/news/home/20190211005506/en/PSEX%E2%80%99s-Co-founder-Leo-met-Prince-Charles-UK





Vol.28 「プラストークンの夜明け」~2018年を振り返る~

2018.12.29

Vol.26「ウォレット人気の後、次に来るものとは?」~DIGITAL JOURNAL記事~

2018.12.27

プラストークンとは?

2018.11.02



Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019