Vol.14 / トラブル解決事例「 プラストークンウォレットから取引所に送金しましたが着金しません」


プラストークンウォレットからXRPを取引所に送金したのに着金確認が取れないという方からのご依頼がありました。


送金手続きされてから約1週間が経過。
未着金分のトランザクションIDの確認等、ご自身でも運営に問い合わせされましたが解決されないとのことで、PlusTokenWallet.JPが対応させて頂きました。


状況:何度かに分けて送金したがその内の1回分の着金確認がとれていない、送金日からすでに7日経過している。

送金日時:2018/11/23

送金数量:91547 XRP

送金先:国内某取引所






運営とのやり取り


個人情報が含まれる為、一部情報の公開を控えさせていただきます。


PlusTokenWallet.JP
「プラストークンウォレットからXRPを外部ウォレットに送金したのに
未だ着金確認が取れないユーザーがいます。
取引履歴を調べていただくことは可能でしょうか?調査に必要な提出書類等あれば教えてください」

運営
「その方のアカウント名と送金数量を教えてください」


PlusTokenWallet.JP

  • アカウント名:〇〇〇
  • 送金数量:91547 XRP
  • 送金先アドレス:〇〇〇

念のため送金先アドレスを依頼者に確認し、合わせて運営に報告しました


運営
「以下の5つをご提出ください。

  1. 取引所に連絡し、ハッシュの確認をしてください。
    取引所から送られたハッシュページ(電子メールまたはチャット記録)の
    スクリーンショット(やり取り全てのスクリーンショットが必要)
  2. 仮想通貨の移動操作後のページ詳細のスクリーンショット(プラストークン内)
  3. ハッシュ又はトランザクションIDのコピー
  4. プラストークンアカウント番号及びスクリーンショット(私ページ)
  5. 取引所名

以上をご提出ください。」


依頼者に上記をご用意いただくよう案内。


必要な情報を添付し運営に連絡。
トランザクションIDは本人より運営に確認したが返信がない旨説明。
(個人情報保護のため一部添付情報は伏せさせていただきます。)


運営
「送金分は転出されました」


解決した!と思いきや….
全く別の既に着金済みの送金分と運営は勘違いしているようです。
複数回プラストークンウォレットから送金された為、運営も取引履歴調査に少々混乱している様子です。





Plus Token Wallet.JP
「そのIDではなく、別で送金した9154XRPが着金していないので、そちらの取引履歴の調査をお願いします。」

念のため参考になる画像も添付いたしました。


翌日回答が来ました
「送金分は転出されました」


Plus Token Wallet.JP
「送金したXRPはどうなりましたか?」
念のため再確認いたしました

運営
「送金先取引所へご確認ください。」


依頼者へ自身の取引所へ確認いただくよう案内し、無事着金が確認されました。

これにて解決です。


ワンポイント

今回の未着金の原因は定かではありません。
送金時は慎重にお手続きいただくことはもちろんの事ですが、プラストークンサイドに原因があればそれはあってはならない事です。

万が一の送金トラブルの際は今回の事例を参考に、必要な証拠画像等を予めご準備の上、プラストークン運営へお問合せいただくとスムーズに対応処理されるかと思います。

トラブル内容によってご用意いただくものは異る場合がございます。
プラストークン運営へお問合せ時の指示に従いご用意いただきますようお願いいたします。


今回の事例は当グループ外からのご依頼です。
ご自身でも運営に問い合わせされましたが解決されないとのことで、その方のグループリーダーから依頼を受けPlusTokenWallet.JPが対応させて頂きました。


Plus Token Wallet.JPはプラストークン財団からのお知らせをベースに、
私たちが直接運営に問い合わせして得られた回答、信頼できると判断できるソースからの情報を配信しております。

プラストークンを始められる方はサポート体制も整っている当グループの推薦コードよりご登録ください。
どこから登録されるかが非常に大切です。

推薦コード:9063442827


Vol.7 「2.2バージョンへの更新方法」

2018.11.26

Androidでの登録方法

2018.10.31

iPhoneでの登録方法

2018.10.31